リフォームや耐震工事やフロアコーティングの有効性や安全性

リフォーム雑学

建物の修繕

reform01

リフォームとは、日本では住宅や建物の補修や修繕、増築、改築など、既存建物に更なる付加価値を付けることを指す。本来の意味では作り直すこと、改心・改正するという意味で使用され住宅の補修や修繕をすることはリノベーションである。
日本では近年まで壊れた箇所を治すことも、新しく部屋を建てたり、より生活を快適にするためのものも一まとめにリフォームと読んでいたが、現在はリノベーションとの区別もされはじめてきている。

リフォームの意味

reform02

夢のマイホームと呼ばれていただけあり、住宅は何十年長いもので何百年現在でも建っている住宅は少なくない。しかし、それらはリフォームを繰り返し改修・修繕を行ってきたからである。
住宅は生活をする上で雨や風を凌いでくれるが、住宅は誰からも守ってくれないため雨風に当たり欠損したり老朽化したりする。そのまま放置させると建物が災害において崩落したりするため生活するためにはリフォームは切っても切り離せないものである。
またフロアコーティングといった室内のリフォームも劣化を防ぐためには、必要となる。

リフォームとリノベーション

リフォームは建物を元に直すことに重点を置いているが、リノベーションは新しく付け加えることに重点を置いているため、ある意味では正反対なことである。住宅を建ててから長く生活していけば、キッチン・バス・トイレなど新しい高性能のものが次々と登場し、人間の成長または老化によって使い勝手が悪くなるのは当たり前のことである。
リノベーションをすることで新しい価値を与えより良い生活を送るために必要なことでもあるが、リフォームと違い必ずやらなければいけないなどの理由は無い。




オススメリンク

家の床をフロアコーティングしたいなら|大阪のフロアコーティング業者BEST5